学校生活

部活動・同好会

トップページ > 学校生活 > 部活動・同好会

ボクシング部

ボクシング同好会は、今年度より部に昇格しました。今年度は、選手として大会出場する新入生はいませんでしたが、マネージャーとして有能な3人が加入し、すでに各種大会の補助員として活躍しています。来春の全国高校選抜大会が北海道で開催される予定ですが、道のボクシング連盟や高体連事務局関係者からも高い評価と期待を受けています。
 また、今年度の高体連関連の大会結果は下記のとおりですが、全道大会には5階級5名の選手が参加し、5人揃って決勝に進み、2人が優勝しました。団体戦に当たる学校別得点でも第2位ということで、強豪校として認知されています。
さらに、この大会で優勝し、インターハイ(全国大会・福井県で開催)の出場権を得たピン級の金澤大和君(3年)とバンタム級の川上真生君(2年)は、それぞれ素晴らしい結果を残してくれました。特に川上真生君は、全国の強豪校の選手を含め3人に勝利し、ベスト8に入りました。この二人は三重県で開かれる予定だった国体の選手にも選ばれ、活躍が期待されましたが、またしても、コロナ禍ですべて中止となってしまいました。3年生の活動はこれで終了となりました。本当にお疲れ様でした。次は3月の選抜大会の全国大会出場を目指して、2年生の2選手が頑張ってくれると思います。

最近の主な成績・活動

2021年
●令和3年度北海道高等学校ボクシング競技選手権大会 兼 全国高等学校総合体育大               会ボクシング競技北海道大会(6月札幌開催)
 ・ピン級優勝  金澤 大和
 ・フライ級準優勝  神田 輝大
 ・バンタム級優勝  川上 真生
 ・ライト級準優勝  河合 優作
 ・ライト級ウェルター級準優勝  印牧 蓮
●第75回全国高等学校総合体育大会ボクシング選手権大会(8月福井県開催)
 ・金澤大和(3年)ピン級    ベスト16
 ・川上真生(2年)バンタム級  ベスト8

2019年
●高体連夏季全道大会(6月)
 ・河合優作バンタム級優勝(全国大会へ)
 ・学校別得点 第3位
●高体連新人大会(12月)
 ・金澤大和ピン級優勝
 ・印牧蓮ライト級優勝
 ・河合優作バンタム級優勝

 三人とも全国大会出場権獲得もコロナの影響で大会中止
 学校別得点は全道高校男子で第2位となる

MENU