学習とコース

教育のICT化について

トップページ > 学習とコース > 教育のICT化について

創成高校では、より効率的な学習を目指し
積極的に「教育のICT化」を推進しています

パソコンやタブレット端末、インターネットなどの情報通信技術を活用した教育手法のことです。授業の効率化と生徒の理解度アップが図れるほか、学校・生徒・保護者間の情報共有もでき、生徒の成長と目標の実現を効率的にサポートすることが可能です。

POINT

  • 積極的に授業に参加しやすくなる
  • 動画などを活用し楽しみながら効率的に学ぶ
  • 学習資料など情報の共有が容易になる
ロイロノート
1人1台「思考力」「プレゼン力」「英語4技能」
育成クラウド型授業支援アプリを使用。

生徒側からの発信を助け、情報を共有、蓄積して学び合うためのツールです。学習者間での発信が容易になることで自然と主体的に学ぶ授業へと変容していきます。新しい双方向型の授業が実現します。

公式サイトはこちらから

Classi
PCやスマートフォン、タブレットを使って
生徒が学習に向かう姿勢をサポートします!

「Classi」とは、ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi株式会社が提供する、「学校の授業・生徒指導」「生徒の学習」のための先生・生徒・保護者がつながるICTプラットフォームです。

公式サイトはこちらから

DONGRI
いつでもどこでも必要な辞書を選んで
使うことができます。

同時に3台まで利用できるため、スマートフォンで調べたい時にすぐに調べたり、学習机の上のタブレットやノートPC等の広い画面でじっくり学習に取り組むことができます。いつでもどこでも辞書をひくことができます。

公式サイトはこちらから

学校や家庭でICTがどう活用されているか、
生徒の声を紹介します。

自分のタブレットで予備校の授業を受けられる!
自分のタブレットで予備校の授業を受けられる!

部活動で忙しいときでも、ちょっとした合間に自分のタブレットで映像授業を受講したりCBTを受験したりできるので便利です。授業内容は中学校範囲の基礎固めから受験対策まで豊富なので自分のレベルに合わせて受講できます。途中で映像を一時停止したり何度でも繰り返せるので、難しい範囲でも理解できるまで見ることができて安心です!

主体的で対話的な学びをサポート!
主体的で対話的な学びをサポート!

自分の考えを書きだしたカードを、先生に提出して発表したり、友達同士で交換して比較したりすることで学び合いが生まれている実感があります。授業プリントも紙で配られるのではなく配信されることが多いので、管理が簡単です。授業だけでなくHRなどでも使われていて、学校祭へ向けた話し合いなどがスムーズに進みました!

日々の活動をポートフォリオ
日々の活動をポートフォリオ

学校生活をClassiで記録するのが日課です。定期テストや模擬試験の結果を振り返ることで、徐々に成長している実感が持てます。また、部活動の練習記録や大会の反省なども記録するようにしています。学校行事などでは、感想だけでなく取り組みへの反省やみんなで撮った写真も保存しています。たまに見直してみると楽しいですよ!

双方向のやりとりで学校生活をサポート!
双方向のやりとりで学校生活をサポート!

時間割や学校からの連絡事項はClassiで毎朝チェックしています。急な授業変更があっても忘れ物をすることもないですよ!クラスや部活動、授業単位のグループで連絡事項や話し合いが行われたりもします。先生方がきちんとフォローしてくれるので、安心してやり取りができます。アンケートなどでもプリントで提出する手間が省けるので、めんどくさがりの私にはぴったりです!