学校生活

部活動・同好会

トップページ > 学校生活 > 部活動・同好会

文芸同好会

小説、随筆、評論、詩、短歌、俳句など様々なジャンルでの自己表現を目指します。月に2回程度集まって合評会などを行いますが、基本的には個人で創作する活動がメインになります。

最近の主な成績・活動

2019年
●北海道高等学校文化連盟第15回石狩支部文芸研究会
 随筆・評論部門佳作2名
 短歌部門優秀賞1名
 短歌部門入選3名
●北海道高等学校文化連盟第17回全道全道高等学校文芸研究大会
 随筆・評論部門優良賞2名
 短歌部門優秀賞1名

2018年
●北海道高等学校文化連盟第14回石狩支部文芸研究会
 短歌部門優秀賞 2年8組 玉舘菜々美 「ハイハットシンバル君と鳴りあって宇宙こっくり風が溶けてく」
 短歌部門優秀賞 1年10組 笹井絵莉 「しゃがみ込みじっと見つめた黑い蟻年中無休のブラック企業」
 短歌部門佳作 1年10組小林礼奈 「鯉のぼり桜吹雪に乗って行く風を追い越し空を追い越し」
 俳句部門佳作 3年8組 秋田春音「冱つる夜を貫く汽笛無人駅」
 俳句部門佳作 2年8組 齋藤若奈「芽吹く春車窓に映る今の自分」
 俳句部門佳作 2年8組 玉舘菜々美「沈丁花うたのこころはまだ知らず」
●第5回福岡女学院短歌コンクール
 高校生の部入選 2年8組 玉舘菜々美 「永遠の匂いが好きと古書を撫でるその手に不意に口づけたくて」
 高校生の部入選 1年10組 笹井絵莉 「あの頃のあなたの仕草覚えてる?今は私の癖らしいわよ」

2017年
●俳句甲子園北海道地区大会 大会最優秀俳句 高橋麗未 「かぶりつく五秒前なり夏来たる」
●北海道高等学校文化連盟第13回石狩支部文芸研究会
 短歌部門優秀賞 木内望月「うきうきと出て行く母の残り香に親子の時間が溶かされている」
 俳句部門最優秀賞 髙橋麗未 「冷⻨や色つき麺の独りがち」
 俳句部門入選 木内望月 「飴舐めるお花畑を壊しつつ」
 俳句部門入選 天野紗更 「売店は慣れぬ手つきの海開き」
 俳句部門入選 廣澤明果 「散歩道言の葉茂る立夏かな」

2016年
●北海道高等学校文化連盟第12回石狩支部文芸研究大会
 俳句部門最優秀賞 藤澤汐里 「タイヤ跡父の影のみ残す盆」
●北海道高等学校文化連盟第14回全道高等学校文芸研究大会
 俳句部門入選 藤澤汐里
 →2017年度第19回高等学校文化連盟全国文芸専門部 北海道・東北文芸大会山形大会推薦

2015年
●北海道高等学校文化連盟第13回文芸研究会 石狩支部大会 短歌部門最優秀賞、佳作入賞

2014年
●北海道高等学校文化連盟第10回 石狩支部文芸研究会
 短歌部門佳作入賞
●北海道高等学校文化連盟 第12回 全道高等学校文芸研究大会出場